戻る

アカマツカサ

海水

  • アカマツカサ画像
  • アカマツカサ画像
  • アカマツカサ画像
  • アカマツカサ画像
アカマツカサ画像 アカマツカサ画像 アカマツカサ画像 アカマツカサ画像

アカマツカサ(赤松毬)

キンメダイの仲間

別名: マツカサ・アカマツカサ
科目: キンメダイ目イットウダイ科

アカマツカサの特徴

本州中部以南に分布。特に九州南部から琉球列島に多く見られる。サンゴ礁や岩礁に群れで生息している。夜行性のため、日中はサンゴの穴や岩の割れ目に潜み、夜になると群れで活発に行動する。日中はやや深いところにいるが、夜間は海面付近まで泳ぎ上がってくるため、釣りの場合は夜釣りがおすすめ。主にエビなどの甲殻類うや小魚、その他にも動物性プランクトン等を食べる。鮮やかな色で見た目にも美しく、サンゴ礁域のシュノーケリングなどで見かける観賞魚としても愛されている。食用としては主に沖縄県や鹿児島県などの産地で流通する。

アカマツカサの見た目の特徴・見分け方

体は側扁しており、体高が高い。背ビレに鋭い棘がある。尾ビレは二叉。体色は鮮やかな朱色。目が大きい。鱗は非常に硬く、松ぼっくりのように見えることから「マツカサ(松毬)」という名前が付いたとされる。体長は15cm~25cmに達する。アカマツカサ属は見た目で判断するのが困難だが、本種とその他の見分け方については以下が判断要素となる。ナミマツカサとヨゴレマツカサとは、本種は下顎が上顎よりもかなり突き出ていることで区別できる。マルマツカサとは、本種は下顎に1対の歯塊があることで区別できる。

アカマツカサの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

透明感のある白身魚。鱗が硬く、取り除きにくい。皮に旨味があるので、刺し身でも皮目に湯をかける皮霜造りや皮目を炙る焼霜造りにするとより味わい深い。ほかに唐揚げや煮付けにするのも向いている。ふわふわの身に程よく脂がのり美味しい。体色の赤みが強いものの方が新鮮である。

アカマツカサの生態域・分布

南日本・東シナ海 ・琉球列島

アカマツカサの釣り方

釣り船・磯・投げ・防波堤

アカマツカサの釣り場

内湾・岩礁・防波堤

アカマツカサの動画

Twitterでのアカマツカサの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!