戻る

ハオコゼ 刺毒 中毒 粘液毒

海水

  • ハオコゼ画像
  • ハオコゼ画像
  • ハオコゼ画像
  • ハオコゼ画像
  • ハオコゼ画像
ハオコゼ画像 ハオコゼ画像 ハオコゼ画像 ハオコゼ画像 ハオコゼ画像

ハオコゼ(葉虎魚)

カサゴの仲間

別名: オコゼ・ハオコゼ・ハマオコゼ・マツカサ・イラオコゼ
科目: カサゴ目ハオコゼ科

ハオコゼの特徴

大きくても10cm程度で可愛らしい姿をしているが取り扱いは要注意。背ビレ、臀ビレ、腹ビレの棘に毒腺を持ち、刺されると非常に痛い。本州中部以南の沿岸に分布。浅海のアマモ場やガラモ場にすむ。投げ釣りや防波堤釣りに掛かってくる外道で、専門的に狙われることは。水揚げされる際に背ビレをたてることから「ハオコゼ」という名前がついたとされている。夜行性なので日中はほとんど活動していない。小型の甲殻類や小魚などを好んで捕食する肉食性。強い毒素を持ち気性はかなり荒いが、見た目が可愛いこともあり水族館などではよく飼育され、観賞魚としての人気が高い。

Wikipedia

ハオコゼ(葉鰧、葉虎魚、Paracentropogon rubripinnis) は、カサゴ目ハオコゼ科に属する海水魚。成魚の体長は10〜12cm。側面形は寸が詰まり体高が大きい。頭部は体長のわりに大きく、口吻は短くずんぐりとしている。背鰭が前方に向かって頭部にまで伸び鶏冠のように発達し、櫛状の鰭条は毒腺になっている。 体色は白、赤、黒、褐色が鮮やかな地図状に入り交じって保護色をなしており、それらがまた無数の個体変異を示す。 和名は上記のようなその姿が紅葉の葉を彷彿とさせることに由来する。本州以南の日本各地、朝鮮半島の浅い岩礁や潮間帯に生息する。特に岩や水草などの障害物のある場所に多い。稚魚〜幼魚は潮だまりなどでもみられる。 肉食性で、無脊椎動物や他の小型魚類を捕食する。 防波堤釣りの外道として釣れることが多く、また潮だまりでもしばしば目にするが、他のオコゼ類同様、背鰭の棘に毒があり、刺されるとひどく痛む。 色が赤く、小さくてかわいらしいので水族館ではよく飼われる。小型で食性や適合水温もデリケートではないため、場所や餌代がかからず飼育は容易である。

ハオコゼの見た目の特徴・見分け方

体色は赤っぽい地色に褐色の斑紋がある。背ビレは眼の上から始まり大きな黒斑がある。お腹の部分が特に赤みがかっている個体が多い。体表に鱗はほとんどないが、皮は厚く硬い。体長は最大でも10cm程度と小型の魚である。しかしこの体長の割には頭部が大きい。口は小さいが、眼は丸くクリクリしていて可愛い顔つきの持ち主。この眼の下には棘がありチョビ髭のように見える。内臓は非常に強い苦味をもつ。背ビレが長く鋭い。またこの棘に猛毒をも持つので扱いには十分注意が必要である。

ハオコゼの毒・危険な部位

  • 刺毒
  • 中毒
  • 粘液毒
  • 危険!

背ビレ、臀ビレ、腹ビレの棘に「タンパク質毒」があり、刺された場合は激痛に襲われ、刺された部位がパンパンに腫れ上がる。もしも毒に触れてしまった場合の応急処置としては、刺さった棘を取り除き、傷口をしっかりと洗浄するということが大切である。また、ハオコゼの毒は熱で分解されるという性質を持つので、42℃程度の温水につけるのも効果的である。長時間つけておくことでより効果が出る。しかしこれらはあくまでも緊急時の応急処置にすぎないので、ハオコゼの毒は猛毒なので必ず病院を受診することが大事。毒を持つ棘の処理方法としては、ハサミなどで切り落とすのが一般的。タオル等で巻いて扱っても突き破って刺さってしまうので注意。

ハオコゼの食べ方・食味レビュー

  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し
  • 星無し

ふつう食用としない。

ハオコゼの生態域・分布

南日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海

ハオコゼの釣種

釣り船・磯・投げ・防波堤・海釣り公園・筏・カセ

ハオコゼの釣場

内湾・岩礁・防波堤

ハオコゼの動画

Twitterでのハオコゼの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!